【不倫相手からの連絡が減った】避けられてる?|サレ妻の”余裕”でコントロールしている実態

以前は連絡がすぐに返ってきて、ニヤけちゃうようなこととか言い合っていたのに、最近は相手からの連絡が減ってきて「まさか避けられてる!?」なんて考え出したら、更に返事を待ってしまう。それに比べ不倫相手(既婚男性)の妻、サレ妻は余裕の対応で旦那をコントロールしているのかも。相手の男性から連絡が減ったのは、奥さんの思惑通りかもしれません。

奥さんがスマホをチェック!たまに連絡が消されちゃっている…

男性の奥さんがスマホをチェックして、まだ既読していない連絡を消しているのかもしれません。旦那が不倫していることに気付いていながら、気付かぬフリをしている奥さんって、意外と多いものです。あまり関心がない奥さんや、決定的証拠を掴むまで黙っておこうという奥さん、浮気のひとつやふたつ…という奥さんなど様々です。

 

その中でも、スマホのチェックは欠かさない奥さんもいます。LINEで来た内容を消したところで、「昨日、どうして返事をくれなかったの?」という会話になれば、LINEが消されているということは、すぐに気付きます。そう!LINEを消す奥さんは、これが狙いです。旦那に直接、問い詰めはしないものの、お仕置きはしっかりとしなければいけません。

 

不倫相手からの連絡をスマホから消すという行為は、旦那へ向けた「浮気をしていることに気付いていますよ。」というスマホに残された置き手紙の様なもの。こんなことをされた男性は、焦ることしかできません。「スマホの中見た?」と自ら話を出すのも恐怖、いつも通り帰るのも恐怖。直接問い詰められた方がまだいい。という不倫男性も多いでしょう。

バレたかも…家ではスマホ禁止!と逆効果の自分ルール

奥さんに浮気がバレかけているとしたら、連絡が少なくなるのも納得です。先程も話したように、不倫された妻は「浮気をしていることに気付いていますよ。」というサインを、遠回しに送ります。奥さんがスマホをチェックした痕跡があれば完全アウトです!しかし、遠回し過ぎて「もしかして、バレた?!」と冷や冷やするくらいのジャブが飛んで来たら…どちらにせよ不倫している男性は、できるだけ普通を装うことしかできません。

 

ここまで来ての「できるだけ」とは、ほんとうに限られたことしかなく、家の中でスマホは触らないようにする!という「できるだけの行動」さえ「逆に怪しくなってしまう」のです。今までは、スマホで誰かとやりとりしている雰囲気があったのに、ちょっとサインを送ったら急にスマホを触らなくなった。はい!決定!やったな!コレやったわ!絶対やった!と、しつこいくらいの確信を得ます。

不安で押し潰されそう…自分勝手にクールダウン

ちょっと前までは、甘い言葉を囁いてくれたのに、奥さんにバレたかもしれない。という不安を持てばコロッと急変、不倫相手の女性を都合のいい女扱いします。こんなタイミングで男性に連続LINE「最近どうして連絡くれないの?」「見てますか?」「おーい!」なんて送ったら、不倫している2人の温度差が目に見えてしまいます。

 

片方は何も変わらず熱いまま、片方は恐怖で急激クールダウン。「お互いおとなの関係ってことで!」張りの対応をしてきます。このときの男性心理は、奥さんにバレるのも当然怖いけれど、熱し過ぎている浮気相手の女性も怖いのです。「は?」って感じですよね。散々クサいセリフ並べといて、自分の都合を押し付け、急にストーカーの様な扱いをされる。

 

勝手すぎて腹立たしいけれど、これが妻を持つ男性です。そして、これが妻の余裕、直接口にせずとも旦那はボロを出し、クールダウンして戻ってくる。不倫をする男性は、欲深くて、わがままで、全て見透かす妻がいる。そう思って接した方が良いのかもしれません。

投稿者プロフィール

大池りこ
大池りこフリーライター
初めまして。コラムを書かせていただいている、大池りこと申します。

主に女性の為になることをテーマとして、こちらでは恋愛について書かせていただいています。特に不倫についての内容が専門です。

大池りこの詳細プロフィールはこちらから