どうする…!?電話占いで悪い結果が出た場合の心得や対処法

どうする…!?電話占いで悪い結果が出た場合の心得や対処法

「電話占いで悪い結果が出た!もうダメだ…」「悪い結果だったから当たりませんように…」そういった口コミを多く見かけますが、占い師側から見ると「その後のアドバイスとかちゃんと聞いたのかな?そして実行している?」ととても気になってしまいます。

未来は変えることができるものなので、占いで良い結果が出たからと言って絶対ではありません。またその逆もしかり、悪い結果だったからといって怯える必要はなく、そうならない為に自分で積極的に行動することによってその時点で未来は変わっていきます。未来は決まったひとつではなく、自分の行動ひとつで未来の可能性は無限に広がっていくとイメージをしておいて下さい。占いはより良い未来へと繋げる為に活用するひとつの道具、という位置づけなのです。

それでも、悪い結果を聞いてしまったら「どうしよう…」と目の前が真っ白になって狼狽えてしまってせっかくの占いが活かせない、というのは勿体なく感じます。悪い結果であっても良い未来を引き寄せる事を可能にする、悪い結果が出た時の心得や対処法をお話していきます。

そもそも占いの結果は絶対に当たるの?

そもそも占いは絶対にそのままの未来になるのか、と問われると答えは「NO」になります。なぜなら、その占い結果は占いを聞く前のあなたの未来を鑑定しているからです。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、例えばある女の子が彼に告白しようか悩んでいたとします。告白できずにそのまま付き合えずに終わる可能性が高い、という未来が視えるとして占い師はそれを伝えます。でも、その子は「どうせ付き合えない未来なら…!」と勇気を出して告白してみたら付き合えることになった、という事例。

占い自体が外れているように感じますが、これは「何も行動しなかったあなた」の未来を占い師はお話しています。それが、占い結果を聞いたのがきっかけで勇気を出して玉砕覚悟で告白したら成功してしまった、というあなたの行動で未来が変わったという結果論です。

あくまで現状からの占い結果であり、現状を変えようとしてどんどん行動すれば未来は変わります。また、良い結果であってもその結果に胡坐をかいていれば、悪い方向へと転がることだって十分にあり得ます。よって、占いを聞いた時点までの未来を聞いて、その後どう行動するのか、どう決断するのか、という点が大きくあなたの未来を左右していくのです。

悪い結果が出た時の心得とは?

悪い結果であっても事前に予備知識があるとパニックになりませんし、冷静に対処することが可能になります。では、実際に悪い結果が出てパニックにならない為にはどうしたらいいのかについてお話していきます。

悪い結果は幸せな未来を招く為の試練と心得る

良い結果だけが全てではありません。悪い結果は、いわばより良い未来へと進むためのステップでもあります。良い結果でなくても「自分への試練の時がやってきているんだな」と素直にと受け止めて、これは「自分にとってより良い未来」を招くと考えると良いでしょう。

悪い結果を回避した人の90%以上は自分を変える努力をする

悪い結果が出たからと言って自暴自棄になる人は、大抵その通りの未来か更に悪い状況がやってきてしまいます。悪い結果が出たとしても、未来を変えて幸せを掴んだ人のほとんどは冷静に分析してアドバイスを聞き、その後に生かすような努力をしています。

光り輝く未来を手に入れるには楽な方法はない、どんな結果であっても努力は必要不可欠であるということを心得て下さい。

悪い結果はあなたを幸せに導く為のスパイス

「結果が良くなかった」ことだけにフォーカスし過ぎてしまいがちですが、大切なのは結論ではなく過程です。悪い結果は、あなたをより良い未来へ導く為であるのと同時に、あなた自身を守っているものからの警告を込めたメッセージが組み込まれていると考えて下さい。

悪い結果が出た時の対処法

気付きを得た女性

では、実際に悪い結果が出てしまった後はどうすればいいのかについてお話していきます。

鵜呑みにして落ちこまない

何度も言いますが、「悪い結果」=「そのままの未来」ではありません。自分の努力で未来を変える、最悪の事態を回避することは可能となります。

「悪い結果」だからといって、希望を捨ててしまったり自暴自棄になる、また良い結果を探して占い師を渡り歩く必要はありません。占いは預言ではありません、いくらでも自分の力や行動で未来は変化していきます。

その結果になる理由を聞き出す

占い結果をただ「悪い」ものとして単純に受け取るのではなく、そういった結果になるには何か意味があるのか、それとも自分にとって必要な試練なのかといたことを具体的に占い師に聞いてみて下さい。「なぜそうなるのか」をきちんと理解し納得することで、気持ちの在り方が変わります。

悪い結果を回避するアドバイスを聞き出す

悪い結果には必ず回避するために気を付けること、自分に足りない部分のアドバイスがあるのでそれをしっかり聞き出す。逆に、アドバイスがなく不安を煽るだけ、何かを売りつけるような占い師は信用しないようにする。

正しく受け取っているか確認する

例えば「彼とこの先続かない」という話をされてしまった場合、『その結果のみで頭がいっぱいになって、回避アドバイスを聞かない』『「そんなことはない!」と怒り占い師のその後の話を全く聞かずに怒りに任せて電話を切ってしまった…』といったことはありませんか?

悪い結果の時こそ、アドバイスはとても重要な意味を持ちます。悪い結果だけ聞いてショックで電話を切ってしまった、という状況も良く耳にしますが、きちんと理由やアドバイスを聞くことで気持ちが持ち直すこともあります。悪い結果の肝は、アドバイスや回避方法なのでしっかりと聞きましょう。

自分できることを工夫する・変える

悪い結果を聞いた後のアドバイスを聞いたものの、アドバイスのハードルが高い、自分には出来そうもないという理由で「そんなのできない」と匙を投げてしまう時もあるのではないでしょうか。

占い師からすれば、別にまるっと同じ行動をしなくてもポイントを押さえてくれていればいい、その半分だけ少しだけ取り入れたり行動を変えるだけでも未来は変わるので一歩を踏み出してみて、そういう気持ちでアドバイスをしています。

一番良くないのは、「今の自分のまま何も行動しない」ということです。自分に何ができるか、自分の今の状況からできるようなことを探して行動することが幸せへの第一歩となるのです。

占いは転ばぬ先の杖、自分次第で未来は変えられます

私の考える占いは、「より良い未来へと進むためのエッセンス」です。良い結果の場合は現状維持ができるようさらに努力を重ね、悪い結果の場合はそれを回避する為のアドバイスを聞いてそうならない為に行動をして未来を変えていく為にあると考えています。

占い師も、あなたの不幸を願ったり貶める為に「悪い結果」を話すのではありません。そういう未来にならないように、目の前にある落とし穴に落ちて苦しまないように「気を付けてね、回避して自分の望む未来を引き寄せてね」という意味合いと心を込めて日々アドバイスをしています。

「悪い結果」だけにフォーカスを当てて、怒りや反発、そしてそのまま何もアドバイスを聞かずに切ってしまう人も多く、占い師としては「そうならない為に」をこれから先のことを含めてお話したのに…ととても悲しい気持ちになることも多くあります。

多くの人を少しでも苦しみから救いたい、幸せにしたいと思って占い師をしている人が大多数です。占いは預言ではありません、あなたの為の「転ばぬ先の杖」です。この機会に、「占いとは何のためにあるのか」ということを少し考え、占いの結果が悪い良いという意味合いで端的に括らずに、そこまでの過程やプロセスを自分なりに分析しつつ自分の無限の可能性を信じて進んでいって欲しいと思います。

投稿者プロフィール

柚音(ゆのん)
柚音(ゆのん)占い師
こんにちは、占い師をしている柚音(ゆのん)といいます。占い師歴は12年くらいでアマチュア時代も含めるともっと長くなります。占術は、霊感霊視、タロット、オラクルカードを主に使っています。当サイト(電話占い口コミ.com)で占いのコラムを書かせて頂いています。占い師として今までの経験や占い師側の目線でお話していくので、皆様が自分にピッタリな占い師を探すきっかけになればいいなと思っています。よろしくお願いします(*’▽’)

柚音(ゆのん) の詳細プロフィールはこちらから