電話鑑定中に「当たる当たらない」占い師の見極め方は?

電話鑑定中に「当たる当たらない」占い師の見極め方は?

電話占い、利用したことありますか?対面と違って、いつでもどこでも利用できるのであまり時間のない人やすきま時間にサッと電話して悩みを解決したりできるので、忙しい人にはピッタリの名のが電話占いです。

その反面、電話占いは「当たらない」「騙された」「高額をつぎ込んでしまって今月支払いが大変」といった口コミが多いのが現状です。そういった口コミを書き込みしている相談者の多くは、「当たらない」ばかりか「騙そうとしている・お金を巻き上げようとしている」占い師に当たってしまっている可能性が高くなっています。

そういった口コミから「電話占いは当たらないのか…」と考えるのはちょっと待ってください。電話占いもきちんと見極めれば自分に有益な情報を短時間で低料金で得ることが可能なのです。

電話占いは「当たらない」思い込んでいませんか?

電話占いの最大のデメリットとしては「当たらない占い師かどうかを見分ける」ことが難しいという点があります。対面だと直接相手が目の前にいるので身なりや話し方など怪しいと判断できる判断材料が多くありますが、電話だと話し方だけで判断しないといけなくなるので判断が難しくなります。

「真剣に悩んでいる」「すぐに悩みを解決したい」、という気持ちを逆手にとって引き延ばしをして最終的に高額な鑑定料となったり、不安を煽ってまたすぐに相談してくるように仕向けたりといった占い師もいます。

電話占いに入れ込んでしまって気付くと今月の請求が数十万円になっていた、という話もザラにある電話占いの世界だからこそ、効率良く、なるべく低料金で悩みを解決したいというのが相談者の本心かと思います。

電話占い料金で高額請求されるようなことがないようにする為にも、占い師目線での電話中にチェックするべき「当たる占い師」「当たらない占い師」の見極め方をお話していきます。

期待できる!電話鑑定中に当たると判断できる占い師の特徴

電話鑑定中に「この占い師は信憑性が高い当たる占い師」であると考えられる特徴を、以下にお話していきます。

スラスラと回答する

当たる占い師であれば、言い淀んだりお茶を濁すような曖昧なことは言わず、はっきりと断言して話します。ハッキリと明確に、そして無駄に時間をかけ過ぎたりせずにスラスラと回答する占い師は当たる占い師の特徴の一つとして判断でします。

回答が明確

当たる占い師は、「~かもしれません」「~になると思う」といったような曖昧な言葉は使わずに断言口調で言い切る場合が多いようです。回答が明確なのは自分の鑑定結果に自信がある証拠でもあるので、回答が明確な占い師は当たる占い師の特徴として挙げられるでしょう。

ストレートに伝える

アゲ占い師、サゲ占い師である場合は、何度回答を聞いても良い結果だったり逆に悪い結果ばかりで追加料金で祈祷や物を売りつけたりするので、こういった占い師の場合は当たらないことが多いようです。良い結果も悪い結果もズバッと言ってくれ、そして最後にそうならない為にきちんとアドバイスをくれる様な占い師が当たる占い師です。

高圧的ではない優しい雰囲気

高圧的にこちらが「でも…」と話そうとしているのに自分の意見を押し付けたり、まるで説教をするような占い師はいわゆる自分の歩んできた「主観」で話していたりするだけで、「当たる占い」というより「年上に説教された」だけといった印象しか残らずモヤモヤした気持ちにしかなりません。

当たる占い師は穏やかで気持ちにも余裕があるので、こちらの話を十分に聞いてくれて、更に気持ちに沿ったアドバイスをしてくれるような占い師が多いことからも、優しい雰囲気の占い師は当たりやすくなります。

怪しい…電話鑑定中に当たらないと判断できる占い師の特徴

電話鑑定中に「こんな特徴が出始めたら疑った方が良い占い師」であると考えられる特徴を、以下にお話していきます。

過去や現状が全く当たらない

手っ取り早く「当たる占い師」を探したいのであれば、もう結果が出ている過去や現状について聞くのも一つの方法です。全く何も説明もせずに「今の私の状況を当ててみて」といった態度で鑑定を申し込みむのはNGですが、話をしていても自分が話した範囲の話しかしないのであれば、当たる占い師とは判断しにくいでしょう。

質問ばかりしてくる

現状を説明したのにもかかわらず、「彼は既婚?」「あなたは結婚してるの?」「彼の仕事は?」などと根掘り葉掘り聞きだして、その内容に沿って鑑定をするホットリーディングという手法があります。その得た情報に加え、コールドリーディングを混ぜて「当たる占い師」であるように装う場合もあるので、あれこれ根掘り葉掘り聞きだす占い師は要注意です。

鑑定結果が曖昧

「~かもしれませんね」「~となる可能性があります」など断言しない占い師は多いですが、こういった曖昧な話し方やお茶を濁すような話し方をする占い師は当たる占い師は少ないように感じます。ハッキリと言い切る占い師は、それだけ「自分の鑑定結果に自信がある」「自分の鑑定に責任をもっている」という意思の表れとして考えるので、曖昧な答えばかりしか言わない占い師さんは避けた方が良いでしょう。

鑑定結果が途中で変わる

話している途中で、「最初に言っていた鑑定内容と違ってきている…」ということは経験ある人も多いのではないでしょうか。つまり、話を「合わせていた」だけなので話していくうちに新たな情報が出てくると鑑定結果が「ブレる」という結果になってしまいます。話して数分なのに、鑑定結果が二転三転してしまうような占い師は当たらないと考えて間違いないでしょう。

おうむ返しを繰り返す

例えば、自分が「人間関係が上手くいかなくて…」と言えば「過去からのカルマで上手くいかないようになっています」といったような、相手がいった事を肯定しつつ更に誰にも当てはまるようなことを伝えて、「当たる」と信じさせる手法が「おうむ返し」になります。これに気づかない人は多いようですが、もし録音できるような環境であれ場録音してみて話してる内容を冷静に検分すればすぐに分るでしょう。

不安を煽る

人の弱みにつけこんだ手法として用いられるのが、不安を煽る行為です。「左肩が重くて…」と相談されれば「大変!霊が20体近くついてる!!今すぐ祓った方がいい。除霊は別料金で普段は50000円だけど特別30000円でいいよ」といった方法など、霊感商法として良くある方法です。

不安を煽るだけでアドバイスもない、追加でお祓いや祈祷を「特別料金」という文句で払わせようとしたり何か物を無理矢理売りつけようとする場合は、要注意です。

引き延ばそうとする

電話鑑定で良くある話が「引き延ばし」行為をする占い師です。電話占いは分でお金をが課金されていくので、長く話していた方が自分の給与は多くなるので引き延ばしをしようとする占い師は多く存在します。

占っているという名目で保留にする時間がやたら長い、無言の時間が多い、自分の身の上話を延々とする、説教をして切れない雰囲気にする…などといった場合は、ただ鑑定料金を稼ぐだけにやっている行為である場合も多いので注意が必要です。

電話占い中に「当たらない占い師」だと気付いたら?

電話占いの最中に、上記の不審な点に気づいて「変だな?」と感じたらすぐに切って下さい。簡単にお礼を言って切るのでもいいですし、罪悪感に苛まれやすい人は「これから出掛けるので…」「家の人が帰ってくるので…」といった嘘をついても構いません。

当たらない占いにお金をかける必要はないですし、分単位でお金がかかってきているので占い師に情けをかける必要はありません。占い師側も、ガチャ切りされることは慣れています。

また、そういった占い師にあたった場合は鑑定で伝えられた内容はスッパリと忘れるようにしましょう。ネガティブな言葉を投げられて気持ちが落ち込むこともあるかもしれませんが、「当たらない」と自分が判断したのであればきれいさっぱり忘れて、自分が信用できる占い師だけを信じるのが一番です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。電話占いの会社も今はたくさんありますし、利用者自由に自分に合った占いを選べるようになりました。だからこそ、自分で見極め自分に合う占い師を探す、見極める目が最重要事項となっているのです。

また、占い会社を選ぶときはやはり大手が安心ですし、体制もしっかりしていることが多いので初心者は知名度の高いしっかりした大手占い会社を選ぶのが無難でしょう。その電話占い会社の問い合わせ先がしっかり明記されているか、またシステムが細かく明記されているかも、優良な電話占いを選ぶ一つの選択肢になるのでしっかり押さえて下さいね。

投稿者プロフィール

柚音(ゆのん)
柚音(ゆのん)占い師
こんにちは、占い師をしている柚音(ゆのん)といいます。占い師歴は12年くらいでアマチュア時代も含めるともっと長くなります。占術は、霊感霊視、タロット、オラクルカードを主に使っています。当サイト(電話占い口コミ.com)で占いのコラムを書かせて頂いています。占い師として今までの経験や占い師側の目線でお話していくので、皆様が自分にピッタリな占い師を探すきっかけになればいいなと思っています。よろしくお願いします(*’▽’)

柚音(ゆのん) の詳細プロフィールはこちらから