電話占いのアゲ鑑定・サゲ鑑定とは?こんな「アゲ・サゲ」鑑定には気を付けて

電話占いのアゲ・サゲって?

電話占いの口コミを見ていると、専門用語らしき言葉がいっぱい飛び交っているのを目にしませんか?

  • アゲ
  • サゲ
  • コールド・リーディング(コールド)
  • ジプシー
  • リピーター(リピ)

などなど。占い初心者の方には、割とちんぷんかんぷんで分からない言葉ばかりだと思います。実際、私も電話占いを始めた頃は意味が分からない言葉だらけ、分からないことだらけでした。

口コミの内容も当然何度も利用しているような人が多いので専門用語が分かりづらいと、結局良い占い師や電話占い業者を見極めるのも難しくなります。そこで!

電話占いの口コミなどでよく使われる用語を解説していきますので、口コミサイトの内容をちゃんと理解できるようになるのが第一歩です。占いの口コミ掲示板でもよく使われるような言葉を理解できるようになりましょう!

アゲ鑑定には2つのタイプがある

占い師

アゲ鑑定」や「アゲ」という言葉は、占いの口コミで頻繁に目にするキーワードです。

アゲ鑑定の意味は、「相談者にとって良いこと・相談者の望む結果しか言わない鑑定・占い。」です。また、そういった占いを行う占い師は「アゲ鑑定占い師」です。悪い結果や相談者が落ち込んでしまうようなことは、絶対に言いわずに良い気持ちさせたり喜ばせたりするだけです。

基本的に占いにかかる相談者の中には、できることなら自身の望むような未来がきてほしいと思っている方も非常に多いです。

それ故に、占い師から自分にとって良いことを言われると、それだけで嬉しくなってしまうという方も一定数います。実際に口コミサイトに書き込んでいるユーザーの中には、現状結果が出ていなくても良いことを言われただけで占い師に良い点数を付けている方も多いです。

占い師の中には、そういった相談者がいることを知っているので、良いことだけ言って一時的に気分良くなってもらおう、評価を上げてもらおうという鑑定師もいるようです。

アゲ鑑定には、2種類存在すると言われています。

  1. 実力が無いので、とりあえず良いことを言う
  2. 相談者の気分を良くして、リピートを狙う

1. 鑑定士の実力不足

アゲ鑑定の2パターンの中で、一番多いと言われているのがこれです。。

占いをやっている鑑定師の実力が無いゆえに、とりあえず良いことを言ってその場をしのごうとするパターン。

以前に実際に現役占い師にインタビューをしたところ、「よく当たるとされている占い師でも、当たる確率は7割くらい」という答えが返ってきました。実力不足な占い師ともなると、この確率もかなり低くなると思います。

占いにやってくる相談者の中には、どちらかといえば良い答えが欲しい方やそういった答えを求めて複数の占い師の間を渡り歩いている人(いわゆるジプシー客)が一定数いるので、そういった人に良い気持ちや気持ち良くなってもらうために、その場しのぎの答えを出してしまうのでしょう。

まあ馬鹿正直に「わかりません・・・」と言うようでは占い師失格ですし、相談者からすると「占い師なのにわからないって??」と評価も下がってしまうことになってしまうので、取り合えず相談者の望んでいるような答えを出してしまうような占い師もいるようですね。

2. リピーター狙い

こちらも、電話占い利用者としては会いたくないタイプです。

上でも書いた通り相談者の中には、占いで良いことを言われただけで気分が良くなり占い師に良い評価を入れる、という方が一定数います。

言い方は悪いですが、そんな人たちをカモにする占い師がは多く存在するというのです。

一度良い気分になった相談者は、再度その占いに入るようになり、ずーっとリピートするようになります。占い師側からすると、継続して収入が入るようになるので非常に嬉しい存在でしょう。

そういったリピーターの中には、占い師のコアなファンとなって、鑑定の度に新しい口コミを書き込む方も多いです。そんな口コミにつられて、また新たなカモが釣られてしまうという要領でどんどんお客が増えていくのを狙っているのです。

サゲ鑑定にも注意!

アゲに対して「サゲ」「サゲ鑑定」というのもあります。アゲ鑑定とは逆に、相談者が望んでいないような結果、場合によっては傷ついてしまうようなことをいう占い、もしくはそういった鑑定をする占い師のことを指します。

ちょっと古いですが、テレビに出演していた頃の細木数子氏を思い浮かべてもらうとわかりやすいでしょう笑

細木氏は、テレビで多くの有名人に、亡くなる地獄に落ちる、といったようなことをよく言っていましたよね。ただ、あれはテレビ上の演出で派手さを出すために、わざとやっていたという見方もできなくは無いとは思いますが・・・。

サゲ鑑定の占い師には、相談者を不安にさせて「自分に任せてもらえば、全て解決する」などとそそのかして依存させようとしたり、中には高額な開運グッズを売りつけるような悪徳鑑定師もいるそうです。場合によっては、マインドコントロールのようにかかって全て占い師の言うとおりに動いてしまうようになってしまう人もいます。有名なのは、オセロ中島さんが霊能者にコントロールされていたという話は有名ではないでしょうか。

もちろん悪いことを言うからダメな占い師というわけでは無く、しっかり占ったうえで悪い結果が出たから包み隠さず相談者に教えてくれるという方もいます。そういった占い師は、不安を煽る言葉や「これを買えば大丈夫」などと何か物を買わせたりという事は一切しません。悪いことを言いっぱなしで終了、ということもなく相談者がそのようにならない為にどうしたら良いのか、相談者が望むような今後良い方に向かうにはどうしたら良いのか、というようなアドバイスをきちんとしてくれます。

コールド・リーディング

コールドとは、コールド・リーディングのことで相談者が相談してきた相談内容から推測してそのままの内容を話したり、相手の話す内容から推測して話を合わせて当たってる風を装う話術の一種のことです。

誰でも当てはまる様な事を言う、曖昧なことを言う、また相談者が「ん?当てはまってないよ?」と言うような内容であっても「あなたが気付いていないだけで本当は…」と自分の占いを正当化してあたかも当たっているように装う占い師もいます。コールドリーディングかどうかを見極めるのは非常に難しいですが、占ってもらってモヤモヤしたりしっくりこないような鑑定であればコールドリーディングと考えて下さい。

ジプシー

ジプシーとは、自分の望む結果が出るまで様々な占い師の間を渡り歩いて散財してしまうことです。例としては、彼と喧嘩してしまって仲直りのきっかけを探して相談したのに「別れなさい」という相談結果が出てしまい、「仲直りしなさい」と言う占い師が現れるまで占いをし続けてしまう人のことです。

大吉が出るまでおみくじを引き続けるような感覚、と言えば分かりやすいでしょうか。自分の中に、既に「こうなりたい、こういう結果が欲しい」という強い願望や想いがあるので、そういった結果以外は受け入れることが出来なくなっているので渡り歩いてしまうのが原因です。

占いの当たる確率は7割前後、と言われるようにそれなりの人数の鑑定を受ければ大抵結果はバラバラになります。そして、最終的に「どの結果が当たってるの?」と混乱して気持ちも不安定になって、またその不安定な気持ちから占いに救いを求めてどんどんお金をつぎ込んでしまうのがジプシーです。

占いはあくまで参考です、その通りの結果になるかどうかはご自身の行動次第なので良い結果が出るまで占いを続ける必要はありません。むしろ、悪い結果が出たら気を付けたりアドバイスを受けることで現状殻の未来を回避したりできますので、冷静に受け止めて「そうならない為にどうしたらいいか」の対策を練りましょう。

リピーター(リピ)

何度も同じ占い師に鑑定をお願いする人のことをリピーターといい、相談者が同じ占い師にお願いすることを「この間当たったから、また〇〇先生にリピった」と言ったりします。占い師としてはこのリピーター、いわば固定客が欲しくて先程述べたようにアゲ鑑定をする占い師もいます。

ただ、このアゲ鑑定も諸刃の剣なので辻褄を合わせていても、いつかはボロが出てしまうし長続きしません。アゲ鑑定で最初は賞賛していた相談者も、言うとおりに行動していたのに未来はその通りにならなかった…とリピしなくなり、最終的にはリピーター0ということになってしまいます。

占い初心者の人は、数年鑑定をしているレビューの評価の高い占い師の鑑定をお願いすると良いと思います。当たる、当たらないの結果が出るのは時間がかかります。デビューして間もない占い師でレビューが良いのは、あまり鵜呑みにしないのが賢明でしょう。

まとめ

どんな結果が出ても、まずは鑑定師の話す言葉を聞いて、わからないことがあれば質問して(この時、はぐらかしたり、「あなたが気付いていないだけ」と無理矢理正当化されたら少し鑑定師の腕を疑ったほうが良いでしょう)しっかり理解できるようにすると、見極めることが出来るかと思います。

また口コミなどは、そっくりそのまま信じるのでは無く、内容をよく読むことをおすすめします。

ステマなどもそうですが、中にはちゃんと鑑定を受けたにもかかわらず、公平な判断ができているのか不明なレビューもあります。結局、相談者の受け取り方次第に委ねられてしまうんですね。例えば、下のような口コミ。

例:

いつも優しいお言葉をかけて頂いて、本当に心から元気になれています。
相手からもう少しで連絡ある、という言葉を励みにします。

一見、良い占い師に当たった相談者のレビューに見えますが、よくよく読んでみると、まだ相談者の望む結果にはなっていない、ということが読み取れます。それでも、現状気分が晴れているので、占い師に対して良い評価をしているのです。また、相談した鑑定結果が悪かったからといって腹立ち紛れわざと真実とは異なった口コミをしたり、同業者が貶める為にわざと悪いレビューをしたり…と口コミも玉石混淆なので自分で見極める目が必要になります。

口コミを見るときは、評価の数だけで無く、その占い師のどういったところが評価されているのかもしっかり確認してから鑑定を受けて下さい。

投稿者プロフィール

柚音(ゆのん)
柚音(ゆのん)占い師
こんにちは、占い師をしている柚音(ゆのん)といいます。占い師歴は12年くらいでアマチュア時代も含めるともっと長くなります。占術は、霊感霊視、タロット、オラクルカードを主に使っています。当サイト(電話占い口コミ.com)で占いのコラムを書かせて頂いています。占い師として今までの経験や占い師側の目線でお話していくので、皆様が自分にピッタリな占い師を探すきっかけになればいいなと思っています。よろしくお願いします(*’▽’)

柚音(ゆのん) の詳細プロフィールはこちらから